岡山の病院で内視鏡検査を受けるために必要なことについて

サイトマップ

内視鏡のハンドル

岡山で大腸の内視鏡検査を受けるための準備

大腸の異変を早期発見したい、そんな時に有効な方法が岡山の病院で行われている内視鏡検査を受けることです。腸壁の様子まで目で見て確認することができる内視鏡検査を活用すれば、小さな異変も早い段階で発見することができます。岡山の病院でそんな内視鏡検査を受けるためには、準備が必要となります。

大腸の内視鏡検査を受ける時には、腸が綺麗な状態にしておく必要があります。そのため、前日の食事は消化の良い物のみ、種のある果物などは避けるなど、食生活に気をつけることが大切です。さらに、岡山の病院が指定した時間以降は絶食となるだけでなく、下剤を飲むなどの準備が必要です。日頃から便秘がちという人の場合は、検査の数日前から下剤などを活用してお通じの良い状態を作る必要があるなどの準備が必要となります。内視鏡を使うためには、数日程度の準備期間が必要となることになりますが、検査が終われば2時間程度で元の生活に戻れることが殆どです。準備は少し手間がかかり大変ですが、大腸の異変を早期発見したいという場合は、定期的に内視鏡を使った検査を受けておくと良いでしょう。大腸がんなどが見つかっても、早期発見といわれる段階であれば、簡単な治療で完治を目指すことができます。

Topics

New List